木曜日, 2024年7月18日

キレイに写真を残したい?そのまま保存するのではなく編集も考えよう!

キレイに写真を残したい?そのまま保存するのではなく編集も考えよう!

キレイに写真を残したいなら編集をしよう

色合いやピンボケなどは、グラフィックソフトを活用すればキレイに編集できる可能性があります。もしも、納得できない写真があってキレイにしたいと思うなら編集することも考えてみましょう。なお、グラフィックソフトで保存形式や圧縮レベルを変えれば、元の写真よりもデータサイズを小さくすることも可能です。データサイズが大きすぎる写真があって保存に困っているのなら、そのときも編集ソフトに頼ることをおすすめします。

有料のグラフィックソフトを使う必要はない

グラフィックソフトは有料で販売されているものを用意する必要はありません。有料のものと同じような機能を持った無料のものがあるので、ちょっとした編集ならそちらで充分でしょう。モノクロにしたりシャープにしたり、基本的な機能は無料のグラフィックソフトにも搭載されているので頑張って納得できる写真に仕上げましょう。もちろん、プロのような仕上がりを求めるときは有料のものを利用することも考えた方がよいです。無料のものでは実現できない凝った編集が行えるので、プロのような写真を目指せます。ただし、プロが使うものはある程度知識が必要になるため、思い通りに仕上げるまでにはそれなりの努力がいるでしょう。

保存形式は慎重に選ぶこと

グラフィックソフトで編集し、データを保存するときに形式を選ぶことになります。いろいろな端末で写真を見たいと考える場合は、世の中に広まっているメジャーな保存形式を選びましょう。間違ったものを選択すると『編集したグラフィックソフトでしか見ることができない』という状況になる可能性もあるので、気をつけなければいけません。

祖父母への七五三のお祝い返しには、いつまでも思い出に残るフォトブックがおススメです。可愛いお孫さんの笑顔がいつまでも手元に残せます。

カジノスロットマシン

Back to Top